Staff Blog

このブログについて
このブログは、革製品ブランド「minca」の製造スタッフが綴ります。革のモノ作りの日々の中で感じたこと、製品に関する思いなどをお伝えしていきます。
Blogインフォメーション
現在特別なお知らせは、ありません。
RSS rss1.0

良いツヤ感

こんばんわ!

タナカです。

久々の投稿になってしまいました。。

寒い日が続いていますね。

風邪などひかないようにしてくださいねー!

今日は修理で戻ってきた財布の紹介です。

長年使うことにより糸が消耗し糸切れを起こすのですが、

もちろん修理可能です。



大切に使ってくださってるのが分かるとてもきれいな表情です!!

内側も良い雰囲気です。



しっかり修理してお戻ししますのでまた使いこんでくださいね!!

タナカ

U.M.A.

本日も道具のお話。

画像は手縫いの際に使用する馬とよばれる道具になります。



挟み口に生成りの革をはってあったり会社名を刻印してあったりとカスタムして使っています。

ここ最近はもろもろの事情で大活躍でしたね。

この道具もやはり愛着を持って使っています。

ではまた

KB

KOBASUKIKI

本日は漉き機のお話です。

どの工程も重要ですが漉きの工程はこれまた重要です。

漉きの良しあしでも品物の見栄えが違います。

現在では漉きの工程を省いたりする所もあるそうですが我々は

やはり伝統のやり方なので省いたりはいたしません。

尚且つ我々は画像にもあるように西山の漉き機を使用しています。



そこもまた一つのこだわりです。

ではまた

KB


ロボット??

ではございません。

僕たちにとっては相棒と言ってよいかもですが。。

以前刻印本体をBLOGに書きましたが今回は箔押しの機械です。



ごらんの様にロボットのような風貌ですが自力では動きません。

僕らが刻印を押す時に動かしますよ。

なかなか大きい音もでます。

間違ったらけがもしますよ。

危険です。K村さん。

僕たちはおもに焼印を押しますが

そもそも箔押しの機械なので箔押しも可能です。

某有名時計メーカーの箱の箔押しも押した事があるんですよ。

機械は我々職人にとっては大事以上のモノですね。

また違う機械もご紹介します。

ではまた。

KB

プライスタグ製作

こんばんは。

さて本日はプライスタグを製作しました。



真鍮製の刻印を使って革に打ち込んでいきます。



箔押し機もなかなか男前です。



出来上がりはご覧の通りです。



それからさらに加工を加えます。

揉み加工です。

そして一晩乾かせば完成です。

イベント会場でこのプライスタグもご覧頂ければと思います。

ではまた

KB